オワタ\(^o^)/★の天鳳&将棋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 發王戦出場の記録 その2

<<   作成日時 : 2012/02/01 19:34   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

1半荘目終了時

逢川        38.8
吉田        12.1
\(^o^)/★  ▲13.3
篠原       ▲37.6  

\(^o^)/★勝ち上がりの条件 
1、吉田Pに1着順+5.4以上のP差をつける
2、逢川Pに2着順+12.1以上のP差をつける
※(但し1・2の場合いずれも篠原Pの着順より下の場合はほぼOUT)
つまり1位か2位をとらなければいけないことだけは確実だ。現実的には吉田プロがターゲットとなる。

2半荘目

起家から逢川P吉田P篠原Pオワタのならび。
東パツ チーテンを二回スルーして待ちどりにも正解したこの初アガリ。
4p4p4p5p6p7s8s9s7z7z   ポン6z 
ツモ7z 

7001300の一本場
次局の配牌も良い。

2m3m4m2p3p6p7p1s2s4s3z3z5z
ドラ7p

すぐに4pを引いて確定三色のイーシャンテンに。
次順上から3sが出る。
オワタスキャン\(^o^)/★「チーテンの2000点か。まああがれるんだろうけどこの手材料でそれはもったいない。追っかける立場のアガリとしては弱いな。ターゲットの吉田pの親だしここは大きく上がりたい。目指すはマンガンツモだ!」
んでスルー(多分腰はつかわなかったと思う。)

少々長引いたが目論見どおり面前で聴牌する。

2m3m4m2p3p4p5p6p7p2s2s4s3z3z

3z2sはションパイ。3sは一枚切れ。
枚数と出和了りの可能性、 3sへの期待の低さを考慮し、シャンポンに受けリーチ。
篠原Pの追っかけが入るも 間もなく 西が掌に訪れた。

裏が3zとなり会心の3000,6000となる。
望外のハネツモで吉田Pをラス目に叩き落とし、いきなり条件を満たした。
吉田Pの顔が若干曇ったように感じた。
さあ、あとはこのまま局をすすめることだ。

次局下の形から序盤で自風の南を一鳴き。

4p5p5p7p9p9p9p1s4s5s2z2z5z
ドラ6s
手牌が少し短くなった所で親の篠原Pからリーチが入る。

3z4z6z2p8p

状況的には親リーにアンパイのない状況はかなりまずい。いきなり追い込まれてしまった。
2p8pはたしか両方手出し。
ベタオリも無理なので宣言牌の8pをチー その後3sをチー 中筋の5pをきってテンパイする。

4p5p9p9p チー3s4s5s チー8p7p9p ポン 2z

しばらくしてつかんだ無筋の9p

オワタスキャン\(^o^)/★「まだ通ってない筋は沢山あり、前に読んだ科学する麻雀のデータによればリーチ宣言牌のソバテンはむしろその他の無スジより安全だという話だった。特別9pが危険牌だとは思わない。待ちも親リーの現物となった3pだ。しかし・・・」

結局自分の手に押す価値がないのと 親リーに打った時のリスクを比較すると押す価値が無いと判断。
また4p5pが現物となっていたため安牌が二枚ありその後もしばらく凌げる公算がある。
以上の理由から
既に現物となっていた4p5pを切り出していった。
そしてドラ6sを持ってきて待ち変え。

幸運にもそれ以上危険な牌を引くこともなく、ドラ単騎をツモアガリ。
6s9p9p9p ツモ6s

リー棒つきで大きな大きな13002600 結果的に決め手となった。

後で観戦者のmacjrさんから聞いた話だが9pは親のメンピンドラに当たっていたという((((;゚Д゚))))。
僕が開いたアガリ形をみて篠原Pはアツかっただろう
現バリなんだから9pぐらい押してもいいじゃんってねw

この二回のアガリで点棒が結構溜まったので後の局は守備的に無難に消化し、二位通過となった。
ちなみに一位通過は 2連勝した逢川プロ。ダントツでした。

今回の収穫は天鳳で身につけたバランスがプロ相手の競技麻雀でもそれなりに通用することが分かったこと。
ただしトッププロに囲まれたときにどうなるのかはわからないけどね。


長文よんでくれてありがと!お疲れ様でした。

来週の4回戦 5回戦 へと続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
天鳳代表としてここまで律儀に自戦記を書かれているのはとても素晴らしいことだと思います。
観戦には行かなくてもどういう戦いをしてきたのかが分かってとてもためになりました。
天鳳民
2012/02/01 20:18
お疲れ様でした。天鳳代表と他団体代表の対決という構図が盛り上がってきていますね。
プロ的バランスを知るオワタさんだからこそ天鳳的バランスが有効に活用されたのではないかと思います。これからも楽しみにしています。
はし
2012/02/01 23:17
>天鳳民
ありがとうございます。喜んでいただけると書いた甲斐があります。一回勝てたので正直ほっとしてます。
次は3半荘×2なので自戦記書くために局面を記憶できるかわかりませんw

>はし
経験上、自分は個人としてより代表として出る方が力を発揮しやすい(結果がでやすい)タイプのようです。何かを背負うと強くなれるってねw
天鳳十段つえええ という印象を与えるため次も頑張ります。
\(^o^)/★
2012/02/02 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
發王戦出場の記録 その2 オワタ\(^o^)/★の天鳳&将棋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる