オワタ\(^o^)/★の天鳳&将棋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 發王戦出場の記録 その5(5回戦)

<<   作成日時 : 2012/02/17 01:37   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

さあ5回戦進出だ。残るは8卓32人となる。
因みに4回戦までの面子はこんなかんじ
画像


画像は最高位戦のページからお借りしました。唯一のカタカナ オワタの文字が目立ってるねw

さて5回戦の面子はというと

佐藤聖誠(さとうきよまさ)最高位戦Aリーグ 今年度Aリーグダントツの首位で決定戦に進出。2位のバッシーに400p差をつけているから圧巻の成績。ニコニコ動画での決定戦放送での姿が記憶に新しい。
結果は残念だったが最近の活躍は素晴らしい。前はネット麻雀もやっていたらしい(今は?)。

大柳誠(おおやなぎまこと)最高位戦Aリーグ
 第19期發王戦 第3位 第9回日本オープン 第3位  という成績の持ち主。打ち筋はデジタルよりの印象。

新谷秀隆(しんたにひでたか?) 一般 北海道からの出場。土田さんと親しげに話されていた。(夢道場のお客さん?) ※ググったところ 張建民杯という日本麻将体育協会(中国麻雀の団体かな?)の大会で個人優勝されていた方でした。

5回戦から3回勝負となる。だからといって打ち方はそんなに変わらないが。

一半荘目
佐藤 \(^o^)/★ 大柳 新谷のならび。

東2の親番で以下の初上がり
3p4p6p7p8p3z3z
ポン2z2z2z
ポン7z7z7z
ツモ5p
ドラなし
2000は2100オールのアガリ。
どうやら最高位戦ルールでは字牌をつかった手はかなり鳴きやすいようだ。
赤ドラはないが裏ドラはあるというルールなので面前でリーチを狙う手組が増えてくる。当然こぼれやすいのは字牌というわけだ。
実際4回戦でも字牌を鳴いたホンイツは3回テンパイして2回アガっている。

一方、一発裏ドラのない競技ルールだと字牌はそう簡単になけないのだ。(例、プロ連盟Aルール等)

東場は佐藤がトップ目でおりかえす。
南一局が鬼門となる。

大柳の先行リーチに受けていると押し返していた新谷も追っかけリーチ


新谷のリーチは河が強く字牌と端牌ばかり一発目から手が詰まってしまう。
自分の手は中張牌だらけで 唯一の字牌北は 新谷の風牌でション牌だ。

大柳のリーチ宣言牌が6m
新谷は早めに7mを切っている。
ピンズは大柳にはほぼ通るが新谷には全く通っていない
短期勝負であるから 現バリでも追っかけてくることは十分あろだろう。
ソウズは両者に危険。

なんとか切れそうな牌は
7m7m8m4z
この四枚。
通常は追っかけリーチの方が好形高打点であることが多いから 新谷を警戒するなら現物で2枚ある7m切りだが大柳には十分当たる可能性がある。
一方8mはワンチャンス
こまったときは字牌なのか4zも少し考えた。




長考の末両者に通りそうな8mを選択する。


すると新谷から高らかに「ロン」の声

2m3m4m6m7m6p6p3s4s5s6s7s8s
痛恨の8000放銃

実は大柳の先行リーチの後、新谷が押しているのは気づいていた。しかしここまでの彼の打ち筋はリーチにも結構攻めることがあったのでそれほど警戒しておらず新谷への受けの牌を残していなかったのがまずかったんだろうと思う。

そこで現物がなくなったらやはり一発をさける7mを打つべきだったのかもしれない。
こういう受けの局面は自分はまだまだ未熟だなあと感じた。


そしてこのミスは精神的に影響を及ぼしていた。

失点を挽回すべく以下の牌姿から仕掛けを入れる。

4m6m6m1p2p2p3p9s9s2z2z5z5z
ドラ2p

チートイのシャンテンだが 2z5z9sが鳴きやすい牌で3900から5200ドラを使い切れれば8000や12000も見れる。

よって5zをポンして打4mとした。

ここまでは問題なかったと思う。

しかし次の瞬間 親の大柳が9sを横に曲げた。

天鳳ならポンするかどうか考える時間はある。
しかしこれはリアル麻雀だ。ポンの判断は一瞬である。
それまでは鳴ける牌は全て鳴こうと決めていた。しかし親のリーチ宣言牌となれば別である。高め5200とはいえ
マチもシャンポンなので親とのめくり合いにはいけない。
しかし現実の自分は「ポン」と発声してしまった。 しまったと思うが既に発声したものはしょうがない。もしかすると誤ポンであがり放棄になったほうがよかったのかもしれない。

それでも鳴いた以上はテンパイとって無筋のドラをきった。
1p2p3p6m6m2z2z
ポン9s9s9s
ポン5z5z5z

そのまま少し押すと案の定親リーにささってしまう。 メンタンピンの5800は6100

この局が一番冷静さを欠いていた。前局の放銃で動揺し焦りから生まれた明らかなミスである。

手組うんぬんの前にメンタルの弱さが出てしまった。
そのまま為す術なく ラススタートとなってしまった。
幸いにもまだ残り二回ある。挽回あるのみだ。

一半荘目終了時

佐藤       42.0
大柳       13.1
新谷       ▲11.6
\(^o^)/★  ▲43.5


二半荘目に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オワタさんファイト!応援してます(●´ω`●)
ぺにぱお
2012/02/17 15:00
ぺにぱおさん応援ありがと!
もう結果は出てるんだけどねw
\(^o^)/★
2012/02/17 20:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
發王戦出場の記録 その5(5回戦) オワタ\(^o^)/★の天鳳&将棋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる