データで勝つ三人麻雀 書評

読みやすい構成と装飾。内容は重厚かつ新鮮で読み応えあり

牌理を一通り勉強した中級者以上(三人麻雀をある程度経験がある者か四人麻雀上級者)向けの本。
「シャンテンからの押しは得なのか」「愚形先制リーチは得なのか」など、まず各テーマ毎に牌譜解析の結果作成された図や表が示され、それに対する分析が語られる(ツモ損の有無、抜きドラの有無、MJルールなどルール別に分析されている)。
数字が多く登場するので数字に強い人ほど読みやすいか。
次に天鳳位のabantes氏の雑感が語られる。強者の感覚と解析結果に対する意見が率直で参考になる。三人麻雀の成績向上を目指す者にとって、本書の解析結果と自分の感覚に乖離がある点を意識して修正することが、上達の近道と言えるだろう。
四人麻雀にも応用できると思われる概念(要求打点)も登場し、新鮮であった。

ここに三人麻雀最高峰の戦術本が誕生したといえるだろう。
データで勝つ三人麻雀
データで勝つ三人麻雀

気になる方は是非御一読ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント